種から育てる|ガーデニングを楽しむ|バラを種から育てるには

ガーデニングを楽しむ|バラを種から育てるには

庭

種から育てる

庭園

ガーデニングの殆どは、種から育てるものが多いです。もちろん中には苗から始めるものも多いですが、やはり最初は種から始める人が多いです。最初は土しかない畑やプランターにある日小さな芽が生えるというのは、ガーデニング初心者にとっては非常に嬉しさを感じるものです。この感動は苗からでは味わえないものなので、一度は種から育ててみてはいかがでしょうか。
そんな種ですが、野菜や花の種類によっては育てやすいものと育てにくいものがあります。例えば、ササユリと呼ばれるユリの花は、植え始めてから7年近く育てないとみることができないといわれていますし、家庭菜園で初心者向けと言われているミニキャロットは数ヶ月で栽培できます。よって、初心者の場合まずは育てやすい作物を調べ、育て方のノウハウを学びましょう。
作物の中で育てやすいとされているのは、小松菜です。一年中育てることができ、栽培も気軽に行える小松菜は初心者向けとして評判であり、夏に育てた場合一ヶ月で収穫できます。また、通販サイトや園芸サイトなどに種や育て方が詳しく載っているので失敗することが少ない便利な作物です。他にも、ミントも育てやすいハーブとして知られています。ミントは生命力が強く、水さえきちんとやっていれば際限なく成長します。しかし、畑に植えると他の植物の養分も吸い取るほど爆発的に繁殖するので、プランターでの栽培が好ましいといわれています。ミントは紅茶や料理の味付けの他、虫よけにも役立ちます。